生産者価格がデフレに留まる中、元安値

欲望の経済史2018 ルールが変わる時 全話 (1月 2019).

Anonim
中国の消費者物価上昇率は依然として高水準で推移していたものの、中国人民元は米ドルに対して下落した。 通貨の問題は、生産者価格が38ヶ月連続のデフレのままであったことです。

中国統計局によると、消費者物価指数は、2月と同じペースで、前年同期から3月には1.4%の安定した上昇率で推移したとアナリストらは予測している。 当時、生産者物価指数は4.6%低下した。 前月と同じ減速率を予測したアナリスト予想よりも読書率が4.8%だったが、全体的にはそれほど良い数字ではなかった。

USD / CNYは今日15:56 GMT時点で6.2055から6.2085まで上昇した。

中国元に関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。