円 - ルピー通貨の不一致とインド市場での売り

【MV】円 ( prod. Alice ) - ふぁんく (1月 2019).

Anonim

ニフティCMP:4517

6月の入札月に気付いた場合、FIIはネット販売者であることがわかります

6月までの1ヶ月間。

なぜFIIが売っているのですか? 彼らは、私たちの市場が投資することに屈辱を与えていると感じましたか?

質問は簡単ですが説明は難しいですか? 私は試した

それをあなたの前に置いて、FENの売り上げにYEN、USD、RUPEEの不一致を一致させようとしました

2008年6月以降のFII純投資

報告日債務/株式購入総額(クローズド)総売上高(Rs Crores)純投資(Rs Crores)純投資米ドル(百万ドル)
02-JUN-2008株式4215.203960.60254.6063.10
債務0.000.000.000.00
2008年6月3日株式2483.202832.50(349.30)(86.60)
債務0.000.000.000.00
2008年6月4日株式2966.803919.20(952.30)(236.10)
債務0.0025.00(25.00)(6.20)
2008年5月5日株式3245.704070.90(825.20)(204.60)
債務0.0015.00(15.00)(3.70)
2008年6月6日株式3739.605158.50(1419.00)(351.80)
債務0.0030.00(30.00)(7.40)
09-JUN-2008株式2887.302580.30307.0076.10
債務0.0015.00(15.00)(3.70)
2008年6月10日株式2556.603898.40(1341.80)(332.60)
債務0.000.000.000.00
2008年6月11日株式3311.504155.50(844.00)(209.20)
債務0.000.000.000.00
2008年6月12日株式3768.403919.90(151.50)(37.60)
債務0.000.000.000.00
2008年6月13日株式3169.504311.20(1141.70)(283.00)
債務0.000.000.000.00
2007年2月26日の報告日に対応する投資には、前期の調整が含まれている。

FIIとヘッジファンドはどこで資金を調達していますか?

銀行または日本(BOJ)は金利が低いFIIおよびヘッジファンドに資金を貸している

0.5%(あなたは、このようなダムの金利が低い、つまり5ルピーの金利を想像することができますか?

日銀から借りた1000ルピーごとに)

ここに、円貿易構造がどのように働くかを示す簡単な例があります

1)円は現在100ドルで取引されていると仮定し(3月USD-JPYチャート参照)、ヘッジファンドは

日本銀行から1000億円、それが1億米ドルに変換

USD - YEN 3ヶ月間のチャート拡大するにはチャートをクリックしてください

USD - INR 3か月間チャートチャートをクリックすると拡大表示されます

2)これらの1ビリオンドルが3.25%の金利でバンク・オブ・アメリカに投資される場合、マージンはあなたの利益です

(3.25-0.5 = 2.75%)近似的に利益は2750万ドルで、何もせずに済む。 ここでは、円は安定していると仮定している。 これらの資金が金利が高いインドのような新興市場に投資される場合、利益を仮定する。 Yen Carry Tradeのシンプルビデオの説明はこちらです//www.youtube.com/watch?v=o9YNGGKbhH4

Nifty 3 months Chartsチャートをクリックすると拡大します

3)円キャリー取引とは、単純に言えば、非常に低いまたは無視できる金利で円の資金を借り入れ、他の市場で高利回りの資産を購入するためにこのローンを使用することを意味します。 しかし、実質的に円は非常に揮発性の通貨です。 もし円が96円/ドルと言うならば、ヘッジファンドは彼のリターンに影響する可能性のあるより高い金利を支払わなければならず、投資家は主要な金利が非常に高い新興市場で買ったアースを売却しなければならない。 そして、円が下落すれば、投資家はより低い金利を支払わなければならない。 だから彼は市場が投資されたままにとどまるでしょう。

4)通貨円はUSD / JPY 3ヶ月チャートからはっきりと目立っている今月単独で104 /ドルから108 /ドルに下落します。 だからFIIインベスターズ

私たちの市場に投資し続けなければならない。 しかし、最近の数字によると、FIIは6月までの実質売り手です。

5)理由は過去2ヶ月(4月と5月)ルピーRs39からRs 43 /ドルに譲渡されています。 それはドルの点で約10%の通貨逓減(インフレ圧力のためかもしれない)を意味する。 これは、インドの金利が下がっていることを意味し、ドルで資産価格が下がっていることを意味します。 また、同時に円は2ドル(102円から104ドルへ)をドルで換算しなかった。 ほぼ8%(10%-2%)の不一致があります。 だから一般的に、投資家は2%の利下げを行ったにもかかわらず、純金利(8%+ 0.5%= 8.5%)を支払わなければならない。

8.5%の金利は、ほとんどの利益が市場で苦労して得たものを意味する。 ここで重い売りが始まり、FIIの資金は市場から取り除かれており、私たちのようなインドの投資家は私たちの株式を売る気分に陥っています。

6) だから円が始まるたびに105 /ドル以上の売りが下落した(現在は108ドルで取引中)。 ヘッジファンドの純金利は緩やかに上昇していますが、ヘッジファンドは、ルピー引き下げ率が高いため、以前より高い金利を支払わなければなりません。

円、米ドル、ルピーの金利には明確な不一致がある

7)現在の状況によると、円は過去3ヶ月間でドルで8%に減額された。すなわち、円は100から108 /ドルに移動したが、ルピーは過去3ヶ月間にRs39からRs43 /ドルに換算すると10%に減額した。

これらの通貨では依然としてわずかな不一致があります。

8)もし我々のインフレ圧力がルピーをさらに悪化させようとすれば、我々の市場は深刻な問題に直面するでしょう

さらに圧力をかける。 ドルに対してルピーで2〜3%減税さえすれば、Rs44 /ドルは我々の

市場はかなりです。

今、RBIの手にあるすべて。 そして、覚えている - 引き続き増加するならば、我々のインフレは、インフレ率の10%が来週までに国内のガソリンとディーゼルの価格の上昇により可能であるとコメントしている

この情報に強く反する場合
ここで親切に私と共有してください。

よろしく、
ラジャンドランR
著者 -

$ 1 $ 2