政策立案者が景気拡大を控えるように円は失う

平成25年3月8日 中山成彬 国会で従軍慰安婦は捏造と証拠資料で明言 (12月 2018).

Anonim
日本銀行が金利を引き下げ、資産購入プログラムを変更していないことから、日本の円は早期の損失を払拭し、ほとんど変わらず、政策立案者が景気をさらに拡大させる準備ができていないことが確認された。

日本銀行は、金利をゼロに近づけ、60〜70兆円(主に国債購入)で資産購入プログラムを維持した。 このような決定は、市場参加者によって広く期待されていた。 声明では「日本経済は緩やかに回復し始めており、インフレ期待は全体的に上昇しているようだ」と述べた。

USD / JPYは、今日の12:29 GMT時点で、96.32日に上昇して96.32の開店水準に近くなった。 EUR / JPYは128.43から128.72に上昇したが、日々の最高値129.22から後退した。

日本円に関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。