インフレが期待を逸しているため、米ドルのリトリート

Anonim
米国のインフレが予想を逸してしまったため、米ドルは、最も売買されたライバル(極端に弱い英国ポンドを除く)に対して下落した。

労働統計局は、消費者物価指数が3月の0.1%の下落に続いて季節調整されたベースで4月に0.2%上昇したと報告した。 それは専門家によって予測された0.3%より遅い成長率でした。 コアCPIは0.1%上昇し、0.2%も予想を上回りました。

アナリストらは、連邦準備制度を政策ルートから切り離すことはできないが、FRBが政策をより積極的に強化するよう圧力をかけていると推測している。

今日の19:27 GMT時点でのユーロ/ドルは1.1850から1.1928へと上昇した。 1日の最高値110.01に触れた後、USD / JPYは109.74から109.35に下落した。

米ドルに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。