スイスフランはCPI低下のためにユーロ対低下する

FXニュース 2015年05月28日 ドル円最高値更新後、値を戻す (12月 2018).

Anonim
スイスフランは今日ユーロに続いて、米ドルに対して上昇した。 スイスの消費者物価は、先月予想よりも下落したため、スイスは2日目に欧州共通通貨自体に対して下落した。

12月の消費者物価指数(CPI)は前月に比べて0.2%低下し、アナリストは0.1%低下すると予想している。 11月の指数は0.3%低下した。 年間の減少率は0.4%でした。 継続的なデフレは、スイス国立銀行がフランを弱めるために追加的な措置を講じるかもしれないという話を拍手した。

USD / CHFは今日15:56 GMT時点で0.9138から0.9122に下落した。 一方、EUR / CHFは1.2129から1.2173に上昇し、2011年12月以来の最高値は1.2197だった。

スイスフランに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、以下の解説書を使用して投稿してください。