RBIはRTGSタイムフレームウィンドウを延長する

Anonim

2014年12月29日以降、RTGSの転送ウィンドウは平日の0800hrsから2000hrsに延長され、土曜日の場合は0800hrsから1530hrsになると述べている。 この試みは、主に現在の既存の時間枠を超えてRTGSを経由して転送を希望するビジネストランザクションおよび銀行間トランザクションにほとんど利益をもたらす。

現在、顧客の取引のためのRTGS時間枠は、平日0900時間から1630時間まで、土曜日の0900時間から1400時間までRBI終了時の決済のために利用可能である。

RTGS - リアルタイムグロス決済は、2013年10月に導入されたもので、主に2 lakhsを超える取引を対象としています。現在、莫大な金額を転送する上限がありません。 RTGSのトランザクションは、リアルタイムで、したがってNEFTトランザクションより速く発生します。