公務員のコメントで日本円が弱まる

大分【ふるさと学講座】文化03 「大分の民俗文化財Ⅱ~伝統の火祭り『修正鬼会』~」 (1月 2019).

Anonim
日本円はユーロとポンドに対する僅かな利益を記録して、今日、少し強さを示した。 ただ、景気刺激策や円安に関する日本の関係者のコメントのおかげで、物価はそれ以後変わり、円は再び弱体化している。

以前、円は外国為替市場で強さを示しました。 しかし、経済学者の前原誠司氏のコメントは、円の強さを弱めている。 前原大統領は、政府が円高を引き受けると述べた。 政府は、経済の便益のために円高を利用する可能性を検討するとしていたにもかかわらず、現実には、いつものように日本がそうする可能性が高い。

確かに、これらのコメントは、野田仁彦首相が、迅速に実施できる経済刺激策を望んでいることを明らかにした後である。 こうしたタイプの景気刺激策は、通貨を弱め、それを下げる性質のものである可能性が高い。 その結果、主要国の多くの国々に対して円安が進み、政府が引き続き景気を押し上げようとしているため、依然として弱くなる可能性があります。

13:16 GMT USD / JPYは78.8865でオープンして78.7200まで下落した。 EUR / JPYは102.9830でオープンしてから103.2405までである。 GBP / JPYは127.1050までオープンして127.1150までである。

日本円に関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。