欧州サミットが始まり、ユーロは引き続き低迷

Princes of the Yen: Central Bank Truth Documentary (四月 2019).

Anonim
ヨーロッパの指導者の2日間の会合が始まったとしても、今日のユーロは4日連続で米ドルに対して下落した。 通貨も日本円に対して下落したが、2日目には英ポンドに対して上昇した。

欧州首脳は今日、この地域の問題を議論するために会合している。 イタリア、スペイン、フランスはユーロ債の導入を強く推し進めるだろうが、ドイツはこれまでのようにその考え方を否定するだろう。 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループの主要通貨のスポット取引の地域責任者であるジェスパー・バルグマンは、この会議に関する市場の意見をまとめた。

市場は、サミットからはほとんど期待していない。 結果がどうだったとしても、ユーロは売りだと思う。

さらに、イタリアの借入費用も増加した。 5年債の利回りは5.66%から5.84%に上昇したものの、イタリアは債務を競売し、10年債の利回りは5月30日の前回のオークションで6.03%から6.19%に上昇した。

ユーロ/円は今日の19時40分GMTから1.2467から1.2445に落ちたが、1.2407の日中の最低気温は6月4日以来の最低水準だった。EUR / JPYは99.37から98.83に下がり、6月以来の最低気安98.32を記録した6.一方、EUR / GBPは0.8007から0.8022に上昇した。

ユーロに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。