FRB議長のジェローム・パウエルの演説

米、3カ月ぶり利上げ 0.25% (十一月 2018).

Anonim
ユーロは、欧州連合(EU)初日のチューリッヒでのジェローム・パウエルの演説で、米連邦準備制度理事会議長(FRB)議長に続き、米ドルに対して新たな安値を付けた。 ユーロの下降トレンドは、米国のトレーダーからの買い圧力によって米ドルに対する需要が増加したため、米国のセッションに拡大した。

ユーロ/米ドルの通貨ペアは95ポイント超下落し、1.1937の高値から1.1838の低値まで下がり、1.1900の重要な抵抗水準を下回った。

通貨ペアの下降トレンドは、アジア中央銀行のセッション中に始まり、4月19日以来の大規模なリトレースメントを延長した。 スイス国立銀行と国際通貨基金(IMF)が主催したチューリッヒでの高水準会議でのジェローム・パウエルの演説は、欧州初のセッションでの減少を加速させた。 パウエルは、新興国にとっては正常化が進むと見込んでいるにもかかわらず、FRBはリスク感情を緊密に監視すると述べた。 連邦統計局によるドイツの貿易収支データの混在は、対に大きな影響を与えなかった。 3月のドイツの正の工業生産データも、コンセンサス予想を上回ったにもかかわらず、通貨ペアを持ち上げることができなかった。

米国セッション中の米ドルに対する需要の回復は、米ドルの指数が93.28を打ったにもかかわらず、通貨ペアを新しい低水準に引き上げた。 米ドル建ての他の通貨ペアも影響を受けた。

通貨ペアの短期的なパフォーマンスは、今日の18:00 GMTに予定されているイランの核取引に関するドナルド・トランプ大統領の決定によって影響を受ける可能性が高い。

EUR / USD通貨ペアは1.1857で取引されていたのに対し、14:54 GMTは1.1937高い取引から減少した。 ユーロ/円の通貨ペアは129.07で取引され、130.02の最高値から低下した。

ユーロに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。