ユーロ圏のデータが混在している中、ユーロは強い米ドルに対して下落

Dragnet: Big Gangster Part 1 / Big Gangster Part 2 / Big Book (四月 2019).

Anonim
今日のユーロは、米国債利回りの上昇により、米ドルに対する需要が高まっていることから、中欧のセッションからの米ドルに対する大幅な下落を記録した。 今日の前半に発表された弱いドイツのGDPデータなど、ユーロ圏のクロスデータからの混合データもまた、ユーロの米国債に対する弱さに貢献した。

EUR / USDの通貨ペアは今日110ポイント以上で1.1940の高値から1.1820まで低下した。

この通貨ペアは、今日のセッションの取引を開始し、ヨーロッパの初期セッションで連邦統計局がドイツのGDPデータを公開した後、やや減速した。 ドイツのGDPデータは、予想された0.4%の成長に対して0.3%の成長を記録することにより期待を逸した。 しかしEurostatが発表したEurozone Q1 GDPデータは、四半期ごとに0.4%、年率2.5%で期待通りのものでした。 さらに、ドイツのZEWの期待調査は、現在の状況調査が87.4と記録されていたのに対し、期待値は-8.2であった。 Eurozoneの工業生産データも期待を逸した。

93.46の高い値を打った米ドルの指数によって追跡されるgreenbackのためのより高い需要は、ペアの低下の主な引き金でした。 米国の10年物国庫利回りは、2011年に最後に見られた3.06%を上回る高値に回復した。米国の見通しは4月の小売売上高を前進させたが、これも予想を下回った。

通貨ペアの将来の業績は、明日のEruozone CPI、Mario Draghiの演説、米国住宅データの影響を受ける可能性が高い。

EUR / USD通貨ペアは1.1861で取引されていたのに対し、15:47 GMTは1.1940から低下した。 EUR / JPY通貨ペアは、131.13の最高から下落した130.77で取引されていた。

ユーロに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。