ユーロ圏のCPIデータにもかかわらず、EUR / USDは2018年安値を更新

Anonim
EUR / USD通貨ペアは今日、ユーロ圏のCPIデータがほぼ肯定的であったにもかかわらず、中欧のセッションで新鮮な2018安値を記録しました。 通貨ペアは今日のフランクフルトでの欧州中央銀行大統領のマリオ・ドラギの演説に反発していたが、ドル高により引き続き低迷した。

今日のEUR / USD通貨ペアは、1.1854の最高値から1.1763の最低値まで90ポイント以上下がった。

この通貨ペアは、2017年12月に最後に下がった3回連続のセッションで連敗を維持しました。欧州連合(FRB)統計局のドイツCPIデータのリリースは、通貨ペアへの影響はほとんどありませんでした。 ドイツのCPIは4月には拡大せず、年率換算で1.6%となった。これは予想通りであった。 EurostatによるEurozone CPIデータのリリースは、予想を満たしながらも通貨ペアを持ち上げることはできませんでした。 見出しCPIの印刷物は毎月0.3%で、コアCPIの印刷物は年率0.7%で掲載された。

マリオドラギの演説は、ドル建てが上昇したために下落した通貨ペアに影響を与えていなかった。 米ドルの指数は、今日の93.63の最高を打った。 国勢調査局が脆弱な米国の住宅のデータを公開すると、その兵士を持ち上げることはできなかった。

通貨ペアの将来のパフォーマンスは、ペアの最新成績の主な要因となっている米国財務省の10年債利回りの動きの影響を受ける可能性が高い。

EUR / USD通貨ペアは1.1795で取引され、16:29 GMTは1.1854高値から低下した。 EUR / JPY通貨ペアは129.93で取引され、130.57の最高値から低下した。

ユーロに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。