ECBのドラギの自信を持ったインフレは上昇するが、景気の緩みの程度に対する不確実性がある

Anonim

ECBのドラギ会長は、2017年の年次報告書で4月9日に引用した

  • 最近の株式市場のスライドは、より広範な財政状況に大きな影響を与えていない
  • インフレが中期的な目標に向かって収斂すると確信していますが、景気の緩みの程度については依然として不透明です。

    インフレが私たちの目的に戻ることを確実にするためには、患者は、永続的かつ慎重な金融政策が必要です。

完全な報告はここにあるが、実際にはわからないことは何もない。

一方、 ECBのコンスタンシアは、ブリュッセルのEU議会委員会に報告書を送付している。

彼の入門的な発言では、彼は言う:

  • 2017年には、ユーロ圏の成長の勢いはますます強く広がりました。 一方、インフレは全体的に抑制されたままであった。 それは中期的には徐々にしか上昇しないと予想されていました。 こうした状況を踏まえ、金融政策コースを設計する上での忍耐力、持続性、慎重さを必要とすることを反映して、我々は金融政策措置を再較正した。 この再較正は、我々の目標に向けて持続的なインフレ率の回復を確保するために必要な十分な金銭的宿泊施設を維持した。
  • 2017年初頭には、ユーロ圏経済の回復が着実に進んでいましたが、見通しに対するリスクは依然として不利に傾いていました。 年内には、成長の勢いはさらに強化され、生産量は予想よりもやや速く拡大しています。 デフレリスクに関連するような非常に不利なシナリオの可能性は、大部分が消えていた。 したがって、当社は当社の将来のガイダンスを調整し、さらなる金利引下げの可能性についての言及を削除した。
  • 後半には、成長の勢いが弱まって、インフレが徐々に目標に向かって収斂しているという安心感が得られました。 それにもかかわらず、物価の動向は引き続き緩和され、インフレ対策は依然として持続的な上昇トレンドの兆候を示していなかった。 これが10月の決定の背景でした。 特に、当社は、純資産の購入額を今年1月から300億ユーロの規模に縮小することを発表した。 同時に、2018年9月末以降、必要に応じて、また、理事会がインフレ目標に沿ったインフレの道筋で持続的な調整を見せるまで、資産購入の意図された期間を延長した。 さらに、少なくとも2019年末まで完全割当で固定金利手続を延長することを決定し、主要ECB金利および再投資政策についての当社の将来のガイダンスを再表明した。
  • 2017年を通じて、金融政策措置は引き続き企業や家計の借入条件を支援し、ユーロ圏における信用フローを強化しました。 2014年中頃と2017年10月に決定された措置をすべて考慮すると、ユーロ圏実質GDP成長率とインフレ率への全体的影響は、いずれの場合も2016年から2020年の間に累積で約1.9%になると見積もられている。

彼は結論する:

金融危機の鍵となる教訓の1つは、ECBの金融政策措置と金融セクターにおける課題に対応するための政策が補完的であることであった。今後数年間にECBの政策を支援する。

したがって、我々は銀行組合と資本市場組合をさらに進歩させることが不可欠である。 これを達成するために、私は、8年間の経験を経て証明できる欧州議会とECBとの強力な関係が引き続き積極的な役割を果たすと確信しています。

EURUSD 1.2319は依然としてEURGBPが0.8700に上がっている。

2017年のECB年次報告書を発表