中国経済懸念の高水準からドル安

【田中秀臣】日本の経済・景気に米中貿易摩擦の影響が出てきた?消費税増税で円高ドル安になると悪化懸念?2018年7月 (12月 2018).

Anonim
米ドルは、中国が四半期の成長見通しをわずかに逃したために2009年に再び過去最高を更新した後に上昇し、国の景気刺激策は一定の期間継続され、

ユーロは、株式が世界的に下落したため、14日に最高金利に触れた後、ドルに対して1.50ドル以下に下落した。これは、オーストラリアがオーストラリアのようなコモディティ関連通貨に対して、韓国のウォンのようなアジアの市場オプション、ブラジルのリアルのようなラテンアメリカのマーケットオプション。 スウェーデンの中央金融機関であるリークスバンク(Riksbank)が利上げ率を過去最低水準に維持した後も、スロバキアクローナに対してドルは上昇し、北欧諸国は依然として不安定な経済を拡大するために政府からの支援が必要であることが示された。

アナリストは、今日の動きは、ドルが数日連続で減少したため、リスク回避日に主に燃料を供給したことを示唆しています。今日、修正は一部の投資家によって行われている利益還元です。 連邦準備理事会(FRB)は、弱い通貨に対する懸念を表明していないため、ドルが中期的に失っていく傾向を回復させる可能性は低い。

昨日の1.5046に触れた後、EUR / USDは11:59 GMT時点で1.4989で取引された。 AUD / USDは0.9328から0.9229で取引された。

米ドルに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。