大幅なラリー後のドル安

11月16日(水)「トランプ・ラリー継続か ドル高・円安の持続性は?」 (1月 2019).

Anonim
昨日のユーロ対2009年の最低水準から上昇した後、今日はドルがやや下落した。

ユーロ圏の最も裕福で最も関連性の高い経済圏であるドイツは、ユーロ圏の経済がさらに拡大し、ユーロ高の資産へのトレーダーを誘致する市場に、特にヨーロッパからのいくつかの報告書が再びリスク食欲をもたらしたため、米ドルは昨日の連覇を続けるほどの力を持っていませんでした。フランスも第3四半期と同様にプラスの数字を記録し、この地域の回復は基本的な要因によって確実に裏付けられていることを示しています。 米国では、米国の消費者心理が改善し、米ドルや円などの安全な通貨の魅力が減り、通貨市場で最も大きな敗者の1つにランクされる可能性が高い。

ドイツの四半期経済指標は、過去四半期の数字が繰り返されるかどうかは不透明で、リスク回避が上昇するかどうかは明らかではなかったが、報告書が公表された後、アナリストのようにユーロが昨日の低下を部分的に下げるのを手助けして、この数字が肯定的になったという事実は、この地域の市場ですでに救済されていたことを示唆している。

EUR / USDは1.4884で取引され、欧州時間四半期レポートの1.4815時間前から11:34 GMTで取引された。 AUD / USDは0.9206から0.9286に上昇した。

米ドルに関するご質問、ご意見、ご意見がございましたら、下記の解説書をご利用ください。